読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WindowsXPとWindows7のデュアルブート環境からXPを削除する方法

XPと7が、物理的に1台のHDDでデュアルブート環境にある場合、XPを削除して7の
みの環境にする方法。


■前提
XPと7が、1台のHDDでデュアルブートである。
XPがインストールされている環境において、未割当部分に7をインストールしたためHDDの最初の方にXP、後ろの方に7が入っている。
ブートローダは、Cドライブの先頭に7のBOOTMGRがインストールされている。

XPを起動すると、Cドライブがシステムドライブとなる。
7を起動するとDドライブがシステムドライブであり、CドライブはXPの領域として見える。
7上からCドライブを削除しようとすると、アクティブなため削除できない。


■必要なもの
Windows7のインストールディスク(修復オプションを実行するため)


■手順
ブートローダのOS選択画面にて、F8を押す。
メニューが出てくるので、「コンピュータの修復」を選択。
修復メニュー一覧から、コマンドプロンプトを選択。

CドライブのBOOTMGRをDドライブへコピーする。
> xcopy c:\bootmgr d:\ /h /x /o

XPがインストールされているCドライブをフォーマット(クイック)する。
> format c: /q /fs:ntfs


Dドライブをアクティブにする。
> diskpart
> select volume C
> remove

> select volume D
> active
> exit
> exit

Windows7のインストールディスクを挿入しながら再起動する。

修復メニューにて、「スタートアップ修復」を選択し、処理が終わったら再起動する。
これでWindows7が単独で起動するようになる。

Windows7を起動後、ディスクの管理にて、WindowsXPだった領域が見える。
(エクスプローラでアクセスしても、空のディスクとして表示される)
このボリュームを削除する。


HDDでは、前方が未割当領域になる。
前方の未割当領域をWindows7に結合して使いたい場合は、パーティションを弄
るソフトを使う。