読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負荷表示ツール dstat のインストールと使い方

dstat は、vmstat や iostat などで表示される情報をまとめてカラー表示できるツール。

CentOSの場合、yumでインストールできる。

# yum install dstat

実行(実際はカラー表示される)。

# dstat
----total-cpu-usage---- -dsk/total- -net/total- ---paging-- ---system--
usr sys idl wai hiq siq| read  writ| recv  send|  in   out | int   csw
  0   0  99   0   0   0|8770B  372k|   0     0 |   0   0.1 | 164  4444
  0   0  99   0   0   0|   0     0 | 366B 1238B|   0     0 |1021  4889
  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 128B  412B|   0     0 |1006  4834
  0   0 100   0   0   0|   0     0 |  64B  412B|   0     0 |1006  4744
  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 192B  412B|   0     0 |1023  4722

Ctrl+Cで終了する。



表示する情報をオプションで選択できる。

例)
 CPUとメモリ関係→-Tclm
 ディスクI/O関係→-Tcldr
 ネットワークI/Oも含めて全部→-Tclmdrn

また、--output FILENAMEすると、画面表示しながらCSV形式でファイルに出力できる。