読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Server 2008 R2にディスクのクリーンアップをインストール

Windows Server 2008 R2では、プロパティにはディスクのクリーンアップがない。

ディスクのクリーンアップは標準ではインストールされておらず、デスクトップエクスペリエンスというオプション機能パックをインストールするか、実行ファイルをコピーする必要がある。


【方法1】
1.サーバーマネージャーを起動する。
2.機能をクリックして、機能の追加をクリック。
3.デスクトップエクスペリエンスにチェックを入れる。
4.必要な機能を追加をクリック。
5.次へ→インストールをクリック。
6.再起動する。


【方法2】
デスクトップ エクスペリエンスを有効せず、「cleanmgr.exe」を「%systemroot%\System32 」へコピーして利用可能にすることができる。

Windows Server 2008 R2/64-bitの場合>

copy C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-cleanmgr_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16385_none_c9392808773cd7da\cleanmgr.exe %systemroot%\System32 
copy C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-cleanmgr.resources_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16385_en-us_b9cb6194b257cc63\cleanmgr.exe.mui %systemroot%\System32\en-US
 →存在しないので以下
copy C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-cleanmgr.resources_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16385_ja-jp_e89ba9cb6f9dcbc3\cleanmgr.exe.mui %systemroot%\System32\ja-JP

cleanmgr.exe を実行する。


参考;
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff630161(WS.10).aspx