消えずに残ったままのvCenterプラグインを削除する方法

vCenter Server を実行しているWindowsサーバからプラグインをアンインストールしたものの、vSphere Client のプラグインマネージャにプラグインが表示されたままになる事がある。

私の場合、バックアップソフトの体験版をインストールして試した後、アンインストールしたものの、プラグイン一覧に残ったままだったので、削除する方法を探した。

KBによると、

vCenter Server にサードパーティの管理製品を使用すると、これらのプラグインが [使用可能なプラグイン] リストに表示されます。
一部の製品では、[使用可能なプラグイン] リストでエントリを削除するためのアンインストーラが存在しない場合があります。

との事。

kb.vmware.com


削除するには、以下のようにします。環境は、vCenter 5.1u1 の場合。

1.ブラウザで、http://vCenter_Server_name_or_IP/mob へ接続してログインする。

2.「content」をクリックする。

3.「ExtensionManager」をクリックする。

4.「Properties」の「Value」から、削除対象のプラグイン名をコピーする。
f:id:savakan:20150707213600p:plain

5.「UnregisterExtension」をクリックする。別なウィンドウが表示される。
f:id:savakan:20150707213604p:plain

6.コピーしたプラグイン名を貼り付け、「Invoke Method」をクリックする。
  下部に、「Method Invocation Result: void」と表示されたらウィンドウを閉じる。
f:id:savakan:20150707213606p:plain

7.「Managed Object Type: ManagedObjectReference:ExtensionManager」の画面を最新の状態に更新(ブラウザの画面更新)して、プラグインが消えた事を確認する。

8.vSphere Clientを再起動して、プラグインが消えた事を確認する。