読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vine 6.1 → 6.2 へアップグレード後にvmware-toolsが更新失敗した

Vine Linux VMware

そもそもVineLinuxはサポートゲストOSではないけど、4.1の頃から無事に動いているのでアップグレードして使い続けている。

Vine 6.1 → 6.2 へアップグレード後に、vmware-toolsが更新失敗した。

以下のようなエラーが発生する。

Creating a new initrd boot image for the kernel.
initctl: Job failed to start
Unable to start services for VMware Tools

Execution aborted.


fuse-libを削除してしまったのが問題。
./bin/vmware-config-tools.pl を見ると、fuseの有無をチェックしている部分
がある。


再インストールする。

# apt-get install fuse-devel


これで無事にvmware-toolsが更新できた。

Creating a new initrd boot image for the kernel.
vmware-tools start/running
The configuration of VMware Tools 9.0.5 build-1137270 for Linux for this
running kernel completed successfully.

You must restart your X session before any mouse or graphics changes take
effect.

You can now run VMware Tools by invoking "/usr/bin/vmware-toolbox-cmd" from the
command line.

To enable advanced X features (e.g., guest resolution fit, drag and drop, and
file and text copy/paste), you will need to do one (or more) of the following:
1. Manually start /usr/bin/vmware-user
2. Log out and log back into your desktop session; and,
3. Restart your X session.

To use the vmxnet driver, restart networking using the following commands:
/etc/init.d/network stop
rmmod pcnet32
rmmod vmxnet
modprobe vmxnet
/etc/init.d/network start

Enjoy,

the VMware team

CentOSで同じようなエラーになった場合も、同様の対処で大丈夫そう。