読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーザのcrontabを編集する時の誤ったコマンド実行を防ぐ

crontab -e を実行しようとしたら、誤って隣の r を押してしまい、
crontab -r を実行してしまった時の話。

コマンドのエイリアスを作っておくと、誤って削除する悲劇を防ぐ事ができる。


.bashrc などに、以下を記載する。

alias crontab='crontab -i'

source コマンドや再ログインなどで反映させる。

$ source .bashrc


削除しようとした時に y/n を聞いてくる。

$ crontab -r
crontab: really delete hoge's crontab? n